DIYデビューにもおすすめ!ベビーチェアDIYのアイデア5選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ベビーチェアを購入したいけど、何を買えばいいのか分からない!デザイン、安全性、価格のバランスが取れた製品がなかなか見つからない!という方は、ぜひDIYで作ってみてはいかがでしょうか。難しそうに感じますが、実は手軽にDIYすることも可能です。

今回は、意外と簡単にできるベビーチェアDIYのアイデアを紹介します。

1. 中古のベビーチェアをアンティーク風にリメイク

最初に紹介するのは、挑戦しやすいリメイクのアイデアです。メルカリで中古のベビーチェアを購入し、アンティーク風に加工を施しています。

削ったり、傷をつけたりしてアンティーク風の加工をした後は、塗装か磨き作業をした方が安全に使えるのでオススメです。

2. 向きを変えると高さが変わるベビーチェア

続いては、完全DIYのシンプルなベビーチェアです。板材を組み合わせて作られており、向きを変えると座る高さを変えられるのは便利ですね。両側面の角はヤスリがけされていますので、お子さんが手を置いても安心です。ベビーチェアは、どの部分を触っても怪我しないように加工することがポイントになります。

3. 使いやすさ抜群のベビーチェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

即席♡廃材でベビーチェア作成♬#木の椅子#手作りベビーチェア#手作り椅子

中野めぐみ(@nakano.megumi_4)がシェアした投稿 –

こちらは廃材を上手く活用したベビーチェアです。足を入れるスペースがあるので使いやすいですね。

また、お子さんの手が置きそうな部分にはカバーがしてあります。このアイデアのようにベビーチェアをDIYしてコストを抑え、小さなクッションにこだわるというお金の掛け方もいいかもしれません。

4. 100円ショップの材料でベビーチェアをDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日、100均でふと実家にチビの椅子が無くて ただのショート帰省だから買うのもなって思ってて、昨夜のオールのせいもあり ふと、「椅子を作っちゃえ」となりました。 ただ、付き人で携帯持ち歩いて無かったので サイズ感は、チビが乗ってた貸し出しベビーカー😂😂 感とセンスにより板とペンキ類とノコギリや釘などを買いました 板をギコギコして、横幅が合わず3枚めの背もたれの真ん中の板を挟んで付け加えたんですよ。 釘もトントンしてペンキで塗り塗りして。 あ、あとでニス塗らなきゃ。3枚めのクッションは実は、鍋敷き二枚をクッションカバーに入れたらぴったり😂 もちろん100均。 ほんとはクッションがあったんだけど もこもこすぎて、ベビーチェアでは半分ぐらい陣取りそうで🤣🤣 完成して、いざ座らせてみればなんということでしょう。チビの足の高さやテーブルにちょうどいいではありませんか。 わたし天才😍 #DIY #100均 #ベビーチェア #手作り #ベビーチェア手作り #1歳1ヶ月 #diy女子 #ヴィンテージ

🌷りょーちゃん🌷(@ryo_chan67)がシェアした投稿 –

100円ショップで全て材料を揃えてDIYしたベビーチェア。工夫次第で安く作れるのがDIYのメリット。

100円ショップでも、ノコギリやペンキを購入することができるのでとても助かりますね。ただ、ノコギリはホームセンターに比べ、切れ味が落ちるので注意してください。

5. 収納付きのベビーチェア

最後に紹介するのは、座面下に物を収納できるベビーチェア。立てるようになったお子さんには丁度いいかもしれません。持ち手がハートになっているのがかわいらしいですね。

背もたれと座面の板材に蝶番を用いることで、このように収納付きのベビーチェアができます。お子さんのおもちゃなども収納できるので、片付けにも一役買いますね。

ベビーチェアDIYのまとめ

今回は、ベビーチェアDIYのアイデアを5つ紹介しました。既製品やDIYのアイデアを参考にすることで、意外と簡単にDIYすることができます。できるだけ価格は抑えたいけど、安っぽすぎるのも嫌だという方は、ぜひベビーチェアDIYに挑戦してみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント