アーティストが住む、水に浮かぶ卵型スモールハウス”Exbury Egg”

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

アーティストが住む、水に浮かぶ卵型ミニマムハウス

アーティストの、Stephen Turnerさんが住むための”たまご型の部屋”を制作することを、建築家・アーティスト・エンジニアのグループが発表しました。

約2年後、エネルギー効率のある、自立して浮かぶことができる”たまご型の部屋”は、”Exbury Egg”として、イギリスの美しい川の河口に登場しました。

exbury-egg-4Pic:inhabitat

 exbury-egg-2Pic:inhabitat

目的は「自然と人の相互作用を学ぶため」

Turnerさんはこの”たまご”の中に12ヶ月住む予定です。

彼が住んでいる間、そのスペースを入り江の潮の満ち引きについて、自然と人の相互作用について学ぶために使います。

”Exbury Egg”は、イギリスのデザイン会社の、SPUDとPerring Architecture+Design(PAD)、ボート施工者 Paul Baker、造船技師 Stephen Payne、アーティストのStephen Turnerのとの共同制作です。

”Exbury Egg”は成形合板と地元の木材で作られています。

木を曲線にするのは本当に手間がかかり、卵型のようななめらかな曲線はさらに難易度が高いと思います。

内部の曲線は見事の一言。きれいですね!

exbury-egg-5Pic:inhabitatexbury-egg-6Pic:inhabitatexury-egg-7Pic:inhabitat

地元の木材とハンモックでリラックス

大きさは、長さ約20フィート(約610cm)、幅、約9フィート(約275cm)。

インテリアはシンプルなスペースになっており、ハンモックと小さなコンロ、机とウェットルームがあります。

波の動きとハンモックの揺らぎは相性いいのでしょうか?

体験してみたい!

スペースとしては小さいのですが、実際に使うスペースというのは意外に少ないので、これだけあれば十分かもしれません。

1年間住み続けた先には?

Turnerさんは12ヶ月間、入り江の潮の流れのなかで生活をします。

それは、満潮時の水上に浮かぶ時と干潮時の泥の上での休憩の時と、上がったり、下がったりの生活になることでしょう。

12ヶ月間の居住の後は、”Exbury Egg”はエキシビションの旅に出る予定です。

船の新しい形が身近になるのもすぐそこなのかもしれません。

exbury-egg-3Pic:inhabitat

via: inhabitat


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/