プレハブユニットを自由に組み合わせて空間を作れるサマーハウス(建築家アルネ•ヤコブセン)

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ヤコブセン1

北欧を代表するデザイナー、「アルネ・ヤコブセンが家族と過ごしたサマーハウス」を紹介します。

1970年に発表したこの家は、3.36×3.36mのユニットを住み手が自由に組み合わせ、思いのままに空間を作ることが可能です。

ヤコブセン2 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

この自分である程度作れるっていうのがすばらしいと思います。

NIKE IDのように、ある程度「型」があって、自分でカスタマイズしていく家とかあった最高ですよね。

そんなWEBサービスやったら面白そう。

これ、すごくいいアイディアだなと思うのですが、当時としては斬新すぎたのか、試作のみで商品化はしませんでした(残念!)。

室内を見てみると、照明、家具、金物などは、もちろん全てヤコブセン。

現在でも見ることができるようなので、ファンであれば一度は訪れてみたいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

デンマークでは、サマーハウスが20万戸以上あると言われています。

総世帯主はおよそ200万世帯ほどなので、およそ10%以上がサマーハウスを所有しているという計算になります。

サマーハウスと言いつつも、夏に限定することなく、週末や長期の休みに利用したり、お年寄りが引退後にサマーハウスで暮らすというケースも多いようです。

via:http://en.trapholt.dk/exhibitions/arne-jacobsen’s-summer-house/

Picvia:arttattler.com,Bo STYLE

(上記の記事を元に執筆しています)


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント