ジャンクガーデンDIY!アンティークな小物を活用したアイディア事例6選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

わざと古びたサビ加工のある雑貨を取り入れたり、アンティークな風合いのあるガーデニンググッズを使ったりする「ジャンクガーデン」。

男前ガーデンとも呼ばれ、風化や経年劣化を楽しむことのできるガーデニングのスタイルです。本当にアンティークな小物を使っている場合から、わざとDIYで加工してアンティーク風にするものまで色々。

今回は、ジャンクガーデンのDIYアイディアをご紹介します。少しずつ理想的なガーデンを手作りしていきましょう。


錆びた空き缶を活用!サボテンガーデン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mackee3がシェアした投稿

レトロなデザインマークの入った錆びた空き缶を使ったジャンクガーデン。

普通に置いてあれば、ガラクタと判断しそうな缶も、使い方によっては素敵なアイテムに変身してくれます。

サボテンの寄せ植えをはじめ、下に垂れているグリネやヘビイチゴなど、複数の植物をうまく組み合わせているのも素敵ですね。

バイク部品・ディクスローターを使ったDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

zakka BASEさん(@handmadebase)がシェアした投稿

バイク部品のディスクローターを使って男前ガーデンを演出。錆びてしまうと捨ててしまいそうな部品も、ガーデンに取り入れれば素敵な風合いを出してくれます。

チェーンや麻と組み合わせることで、よりアンティークで雰囲気のあるアイテムが完成していますね。いくつかのアイテムを組み合わせながらDIYを楽しんでみてください。

満点のサビも活かせるジャンクガーデン

 

この投稿をInstagramで見る

 

zakka BASEさん(@handmadebase)がシェアした投稿

こちらもバイク部品であるディスクローターを使ったDIY事例。ここまで錆がついてしまうと、捨ててしまう選択しかなさそうですが、植物を飾ると素敵なジャンクガーデンになります。

ディスクローターには脚がついていて、台として活用できているのもポイント。他のアイテムを置くこともできるので、ガーデニングの楽しさも広がりそうですね。

足付き雨樋でジャンクガーデンDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

よしっピさん(@yoshittpi_room)がシェアした投稿

雨樋をリメイクして足つきの雨樋プランターをDIY。雨樋には穴を開けて、ねじを4本通すことでプランターの足として活用しています。

雨樋のサビ具合や側面に描かれた文字も素敵ですね。錆部分は、ペイントを重ねることで演出することもできますよ。

古材を使ってアンティークアイテムDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

masaru hirukawaさん(@bj6120)がシェアした投稿

古材を使ってアンティークなガーデンアイテムをDIY。

錆のついた缶やアイアン素材だけでなく、古材もアンティークな風合いを演出してくれるDIYアイテムの1つです。ガーデニングの中でも、ぜひ活用してみてください!

アンティークな小物を組み合わせてジャンクガーデンDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

emiさん(@emi__0805)がシェアした投稿

錆感のあるスコップや古材などを組み合わせたジャンクガーデン。古井戸のポンプに寄せ植えを作っているというのも、おしゃれな発想です。

各アイテムには、ステンシルシートなどを使って文字を入れると、より素敵なアイテムに変身。ステンシルシートってなに?作り方からアイデアまで徹底紹介!を参考にしてみてください。

ジャンクガーデンDIYまとめ

アンティークな風合いがかっこいい男前なジャンクガーデン。錆のあるアイテムや古材などを活用することで、通常のガーデニングにはない雰囲気を演出することができます。

まずは、1つのアイテムをDIYするところからガーデニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。少しずつアイテムを取り入れながら、理想のジャンクガーデンを目指しましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント