あなたの部屋がアメリカンスタイルに!5,000円以内でDIYできる事例5選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

みなさんは、自宅の部屋やキッチンをガラッとイメチェンした経験はありますか。

インテリアの装飾をアレンジして雰囲気を変える方法は、自宅のイメージを大きく変えられる効果的な方法です。特に自分でDIYすれば、費用を安く抑えられますし、業者に依頼する場合のような制約がありません。

そんなインテリアDIYの中でも、特に人気なのは、アメリカンスタイルに仕上げる方法。

60年代、80年代のビンテージアメリカンを意識したスタイルやブルックリン風のおしゃれなスタイルに仕上げることもできます。

DIYのポイントになるのは、ワイルドな素材感と英字テキストです。

今回は、そんなアメリカンテイストを演出したDIY事例を5選紹介します。


1.レンガシートでワイルドなアメリカンテイストを再現

レンガの素材感を再現できるとても簡単な方法が「アレンジシート」。

キッチンやダイニングルームをアメリカンスタイルに仕上げたい場合、レンガ調やタイル調のアレンジシートはとても役に立ちます。

特に赤レンガのデザインは、アメリカの住宅にも多く使われるテイストで、存在感もバッチリです。

ポイントは「シートを貼る場所」と「比率」です。

全面を貼っても構いませんが、ある程度残して貼った方が煩雑な印象になりづらく、バランス良くアレンジできます。

また、できるだけ視界に入る高さに貼りましょう。

目に入る場所、つまり視界の高さにくる部分をアレンジした方が、視覚効果も大きくなります。

2.リメイクシートと英字テキストで階段を演出するアレンジ法

階段をアレンジする場合は、壁紙をDIYする方法と、このように段差部分をDIYする方法があります。

壁紙は目に入ってくる面積が大きいので、その分、DIYの効果も絶大です。

階段の段差部分のような細部へのこだわりは、全体の統一感にとても大きな影響を与えるので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、木製ボードの英字テキストも良い効果を与えてくれます。

英字テキストをアクセントとして使う方法は、アメリカンスタイルに演出できる効果的な方法です。

写真の事例は、木製ボードのブラウンと白のテキストで、とてもメリハリのきいた演出となっています。

3.女性にオススメ!白を基調としたアメリカンガーリーDIY

白を基調とした明るい部屋に大変身させたDIY。

この事例は、女性らしさとアメリカンな雰囲気を同時に実現したい方にオススメです。

アメリカのセレブや若い女性に人気なインテリアの特徴は、広く明るい雰囲気と清潔感です。

これらを徹底的に追求することで、狭い部屋でも広く見せられます。

レースカーテンや写真のようなランプシェードは、簡単にできてオススメです。

4.落ち着いた雰囲気のアメリカンスタイルに演出できるアレンジ法

ノスタルジックな雰囲気とナチュラルテイストが魅力のインテリア。

この事例のポイントは、木材のシートを使ったアレンジと、窓に装飾したセンスある英字テキストです。

また、ダークブラウンでシメるところをビシッとシメている点もポイントと言えます。

これらに使った材料は、100円均一でも買えるお手頃なアイテムです。

ホームセンターに行けば、さらにたくさんの種類を選べるリーズナブルなDIY。

落ち着いた雰囲気になるコーディネート法なので、寝室のインテリアDIYによく合います。

ナチュラルテイストが好みの方は参考にしてみましょう。

5.ステンシルシートや汚しテクニックを使った小物DIY

インテリアDIYは、壁紙のように大きな部分をDIYする以外に、小物をアレンジするのもオススメ。

簡単にできて、部屋の雰囲気をガラッと変えてくれます。

初心者の方で、まず少しだけDIYしたい方は、小物からチャレンジしてみましょう。

このアレンジ方法のポイントは、ステンシルシートと汚し具合です。

ステンシルシートは、様々なものに文字や模様などを転写できる型紙のこと。

使い方次第で、小物やインテリアを上手くアレンジできますよ。

また写真のように、汚れ加工をすることで、ビンテージアメリカンのテイストを加えられます。

アメリカンスタイルに演出するDIY事例のまとめ

アメリカンスタイルに演出できる5つのわかりやすい事例からみえてきた「4つのポイント」をピックアップしました。

  • ・統一感がポイント!お好みの「アメリカンスタイル」にあったインテリア選び

アメリカンスタイルといっても多種多様。自分の好みにあったスタイルを選んでから、インテリア・小物を揃えていきましょう。全体の統一感をだすことが、大切です!

  • ・リメイクシートで簡単イメチェン!

壁紙は、部屋の雰囲気を決める大きな要素。リメイクシートやアレンジシートをつかって、部屋の雰囲気をガラッと変えましょう。壁だけに限らず、インテリアや扉などにも使うことができますよ。

  • ・英字テキストを取り入れたアレンジ

英字テキストをいれると一気に「アメリカンスタイル」に。ステッカーを買ってきたり、ステンシルシート(型紙)を使ってペイントしてみたり、意外と簡単に挑戦できます。100均やホームセンターなどでも購入できちゃいます。

  • ・アンテーク感がおしゃれ!汚し加工

DIYは、ただきれいに仕上げるだけではなく、味や雰囲気をだすことも大切。アンティーク感をだすためには、ダメージ加工や汚し加工が効果的。雰囲気にあわせたアレンジを施してみましょう。

これらのDIY事例は、特に難しいDIY方法ではありません。みなさんもやる気があれば、簡単に再現することができます。

5つのアイデア全てに共通しているのは、テーマが明確で、しっかりポイントを押さえている点です。素材感を残しながら荒々しく仕上げる、英字テキストをアクセントにする方法は、アメリカンスタイルの基本と言えます。

経験者の方も初心者の方もチャレンジしがいのあるアイディアなので、部屋の雰囲気を刷新したい方は、実践してみましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント