驚愕の【飛行機の家】がついに日本にやってくる!?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

article-0-157F4758000005DC-875_634x424photos by Mail Online

驚愕の飛行機ハウス

アメリカ・オレゴン州の森の中に横たわるボーイング727。

一見すると墜落した飛行機か!?とぎょっとするが、実はこちらはれっきとした個人の家。

時はさかのぼること1999年、当時エンジニアだったブルース・キャンベル氏は引退する飛行機をスクラップにするのではなく、何か別のものとして再利用できないかと考えた。

3年間で約1200-1800機が解体される現状

今後、3年間で約1,200-1,800機の飛行機が解体され、20年間でおよそ500-600機が引退すると言われている。

そんな中、これらの使用済み機体やエンジンをリユースしようとする動きが広がっており、彼はそれを実現した数少ない人たちのうちの一人なのだった。

キャンベルは20代の頃、約10エーカーの土地を$23,000で購入し、その頃からすでに飛行機を置こうと考えていた。

当初は貨物輸送用のミニバンを住宅代わりにしようと予定していたが、その後飛行機自体を家にしてしまうことにしたのである。

そのミニバンは、今でも庭にたたずんでいる。

$100,000で購入したボーイング727機のリノベーションには数年かかり、家として住み始めるには容易ではなかったが、彼は今ではここでの質素な生活を楽しんでいる。

article-0-157F476E000005DC-797_634x425 article-0-157F4673000005DC-187_634x424photos by Mail Online

夜はなんと布団で寝ている!というキャンベル氏。

食事はもっぱら電子レンジとトースターを使ってできる簡単調理だが、機体の尾翼部分をリユースして作った自作のシャワーもばっちり完備されていて、快適だという。

コックピットに座ればさながらパイロット気分も味わえる、乗り物ファンにはたまらないドリームハウスだ。 

article-0-157F45D2000005DC-5_634x424 article-0-157F4717000005DC-434_634x424 article-0-157F4870000005DC-658_634x424photos by Mail Online

日本に登場する可能性

彼は実は今、約$220,000をかけて2機目の飛行機ハウスの制作に取り掛かっている。

次に使用するのは引退したボーイング747。

それをなんと日本に運び、新しい拠点をつくるというが次なる目標だそう。

「大切なのは楽しみを持つことだよね」とキャンベル氏。

日本で飛行機ハウスに出会える日も近いかもしれない。 

article-0-157F45A2000005DC-751_634x424 article-0-157F4693000005DC-495_634x424photos by Mail Online

source by Mail Online


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/