ネジ山がつぶれた時の対処法を徹底解説!輪ゴムやペンチ、専用工具まで

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

DIYにおいて必要不可欠な締結部品であるネジは、扱い方や部品のコンディションによっては、頭の溝がつぶれてしまうことがあります。
この状態のネジは、滑めた(なめた)ネジと呼ばれることが多いです。


ネジ山が潰れてしまってネジが回らない…

ドライバーでネジを強く締め付けすぎてしまったり、ネジと大きさの合わないドライバーを使ってしまったり、そもそもネジが古くて脆くなってしまっていたりと理由は様々ですが、突発的に使えなくなると困ってしまいますよね。
そこで今回は、ご家庭にある身近な物を使っての対処法から、DIYの技術を用いての補修方法、専用の道具を使ったネジの回し方にいたるまで、回らなくなったネジの扱い方について、余すところなく解説していきたいと思います。

身近な家にあるもので対応可能

自宅にある身近な物で対処できるならば、それに越したことはないですよね。
ここでは、輪ゴムやペンチといったお馴染みの道具によるネジの回し方を見ていきましょう。

輪ゴムを噛ませる

まずは、どこのご家庭にも確実にあるであろう輪ゴムを使った、最も簡単な方法をご紹介します。
つぶれたネジ山に輪ゴムをあてて、その上からドライバーを回すというものです。

これならば力も必要ないので、女性やお子様でも簡単に対処することができますよね。
なるべく太い輪ゴムを使うと、より容易に回すことが可能です。

ペンチで挟んで回す

次いで簡単と言える方法が、ラジオペンチやロッキングプライヤーといった、物を挟む用途で使用されるペンチを使い、ネジをしっかりと挟んで回す方法です。
DIYにおいて、銅線や針金、クギといった細かい部品を曲げ伸ばししたり切断したりする際にも大活躍する工具ですが、輪ゴムよりは握力の必要な作業となるので注意が必要です。

ただし、ネジの周囲にある程度の空間がないとそもそも困難であり、頭の低いネジや頭の上面が平らになっている皿ネジである場合は、そもそも掴むことができないこともあります。

DIYな技を使って

もしドライバーが輪ゴムを貫通する程にネジが硬かったり、ペンチで回すのが難しい状況である際には、DIYの技を使って解決することもあります。

叩いてネジを緩める


そもそも錆びてしまっているネジに対しては、ハンマーで叩いた後にオイルスプレー等の潤滑油を吹きかけることで回せることがあります。
この時、スプレーをかけてから一晩待つとより効果が高くなるので、焦らずにゆっくりと進めていきましょう。

またハンマーなどで、ネジの頭に対して垂直に突き立てたドライバーを真っ直ぐに叩くといったことも出来ます。
しかしこの方法だと少々危険性があり、そもそもドライバーの軸が柄の中を貫通した構造の「貫通ドライバー」でなければ軸が曲がってしまうため、検討する際は注意しましょう。

溝を掘る

金ノコや金ヤスリを用いて、ネジにマイナス用の溝を掘ることで回せるようにする方法もあります。
なべネジ等の頭が出ているタイプのネジは、周囲にある程度の空間が空いていればマイナスネジとして作り変えることが可能です。

またネジ頭が大きく潰れてしまっている時には、溝作成用のドライバーを用意すれば、ドライバーのお尻をハンマーで叩くことでも対処できます。
ドライバーの先端がネジの穴にぴったりとハマるため、ドライバーを強く押し付けて穴に食いこませていくと、ドライバーごとネジを回していけます。

専用のドリルビットを使う

なめたネジや鉄工専用のドリルビットを使う方法もあるので、上記のやり方でもどうにも出来なかった場合には検討しても良いかもしれません。
特に、ネジはずし専用のビットは使い方も簡単で力いらずなので、電動ドライバーを持っている方にはおすすめの方法です。

このように、ネジの穴そのものを修正して回せるように変えていくというのは、今までご紹介してきた中でもより確実性の高い方法と言えます。
ただしそのぶん労力や一定の条件が必要になってくるので、無理せずネジ専用の道具を用いることにするのも良いかもしれません。

専用の道具を使う

なめたネジ専用に作られた道具は、すぐに効果が表れる便利なものが多いです。
さっそく詳しく見ていきましょう。

ネジすべり止め液

ネジすべり止め液は、潰れたネジの穴の中に入れて、摩擦を大きくすることでネジを回しやすくする道具です。
ドライバーの刃先とネジがしっかりと噛み合い、簡単に回すこともできます。
ただし、錆びついたネジには効果が薄くなってしまうこともあるので、ネジのコンディションによって使い分けていきましょう。

メガドラインパクタ

メガドラインパクタは、前述した「叩いてネジを緩める」の項目でもお伝えした、貫通ドライバーの一種です。
このメガドラインパクタのお尻をハンマーで叩くと、刃先に衝撃と回転力が加わり、なめたネジも簡単に回すことができます。

普段はドライバーとしても使用していけるので、万が一の場合に備えて用意しておくのも良いかもしれません。

ネジザウルス

ネジザウルスは、工具メーカーであるエンジニアから発売された、なめたネジを回すために作られたペンチです。
通常のペンチは横に溝が入っていることで物を挟みやすくしていますが、ネジザウルスは縦に溝が入っているため、ネジの頭をしっかりと掴んで回すことができます。

タテ溝の角度や、先端の形状がアーチ状になっている構造によって、摩擦力をより高めてネジが回しやすくなっています。

錆びついたネジや固着してしまったネジなど、上記の方法でも対処が難しいネジはもちろんのこと、プラスドライバーでは扱えない特殊なネジにも効果を発揮するのが便利で嬉しいところです。
普通のペンチとしても切断能力が高く、物の挟みやすさも当然高いため、DIY用のペンチをお探しの際は一度検討してみることをおすすめします。

ドライバーを正しく使うことが大切

ここまでネジ頭がつぶれてしまった場合の対処法について解説してきましたが、そもそもドライバーを正しく扱い、ネジ山を潰さないようにすることが大切です。
ネジとドライバーの大きさを合わせたり、錆びたネジを使うのはなるべく避けたり、強く締め付けすぎないといった基本的なことに気を配っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。

初心者の方から上級者の方にいたるまで、ネジの扱いに関しては悩むこともあるかと思いますが、適切な使い方を心がけて、どうか素敵なDIYライフを送ってくださいね。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント