【要チェック!】6時間で家が建つ?移動可能、増減可能な家の未来

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

移動可能な家

南アメリカを拠点として活躍する若手建築家フィリペ・アサディが設計した、移動可能なプロトタイプ住宅が話題となっています。
目の前に広がる海と田園風景の二つを楽しめる場所で、移動可能で建設時間が最小限のスモールハウスでもあります。
「移動可能」というデザインを施した家はどんな機能を持つのでしょうか?
REMOTA_02

好きな景色を決めて、家を持ち運ぶ発想

移動可能な家の最大の特徴は、季節によって景観のいいところや、寒い時はあったかいところに移動できるフレキシブルさでしょう。
8068_33 8068_39 8068_41 8068_42PHOTO:archdaily ,inhabitat
この絶景を生かし、外観は両サイドをガラスでサンドイッチした形に。
森側からはリビングが海と同化したように見え、海側からは木々が生い茂る様が見えるよう二つの借景が見事に調和しています。
構造材は鉄製で、エクステリア、インテリア、天井、壁、床に松材が使用されており、内部はキッチンとダイニング、リビング、3つのベッドルーム、バスルームとパントリーで構成されています。
住むのに最低限必要な設備を配置したless is moreな設計です。

6時間で設置完了するイノベーション

1_PLANTA_02 1_PLANTA_03 1_PLANTA_05 2_TRASLADO_02 3_MONTAJE_01 3_MONTAJE_05PHOTO:archdaily ,inhabitat
このモバイルホームは見た目がイケているだけではありません。
4つの同一モジュールで作られおり、1つのモジュールが約20㎡(3.35×6m)で、運搬は警察の護衛なしで可能なサイズになっています。(チリ法律上)
また、これらは配管・造り付家具を含めて工場で作成されており、現場で接続するだけなので現場での作業時間短縮に役立っています。
その為、工場で作成してから4時間かけ運搬し、6時間で据付が完了してしまいます!
建築コストが上がってしまう原因は、現場据え付けのものが非常に多く、人件費ばかりがかかってしまう現状です。
このように、ある程度システム化し合理的にするだけでコストを下げることはいくらでも可能なのです。

カスタマイズ可能。家族構成によって増減できる家

8068_07 8068_11 8068_14PHOTO:archdaily ,inhabitat
設計したフィリペ・アサディは将来的には、このモバイルホームをオーナー自身で自由にカスタマイズして使えるようにと考えているそうです。
例えば、今は2人の子供の為のベッドルームがありますが、ここを切り離して老後の夫婦だけの家に変えることも可能に。
逆に、1モジュール分増やして、リビングを広くとることも出来るでしょう。
分割して、売買なども気軽に出来るようになれば、持ち家の固定概念に大きく影響するのではないでしょうか?
移住や家族構成の変化に対応し、長く使用できるモバイルホームのこれからの進化が楽しみですね。
Corte_A_copy_copy Corte_C_copy Planta_primer_nivel_copy
PHOTO+Source:archdaily ,inhabitat


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント