1本500円以下!2×4材(ツーバイフォー)を使って圧倒的に収納を増やす5テクニック

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

2×4(ツーバイフォー)材をご存知でしょうか?

2×4(ツーバイフォー)とは2インチ×4インチの木材のことで、規格が決まっているのでとても便利な材料です。

ホームセンターで2×4(ツーバイフォー)の木材を探せば、全国どこでも同じ大きさの木材が手に入ります。

安価で加工がしやすいためDIY初心者から熟練者まで愛用の木材です。

私たちが住む家にも使われますし、大きいサイズの棚DIYも自分で作れる優れもの。

実際に作ったツーバイフォーDIYの棚をご紹介!

収納を圧倒的に増やすディアウォール×2×4

収納スペースを増やすにはクリアボックスや棚を買ってくると考える人が多いのではないでしょうか?

ディアウォール×2×4の組み合わせを使えば、圧倒的に収納スペースを増やすことが可能です。

この作品を作った@imiiiui様は、
「作って一番良かったのは、気になる天井の出っ張りを馴染ませつつ、収納を増やせたことです。
ディアウォールで柱にしている2×4材に棚柱金具を取り付けて、棚の高さを可動式にしてみたり。
さらに前後の2×4柱をつなぐように横板を取り付けて、そこにレールを取り付けることで引き出しも作ってみたり。夫婦で要望と案を出し合って作っていくのが、何より楽しかったです。」

家族でどこをこうしよう!などの会話を楽しむのもDIYの魅力の一つ。

見せる収納で服をインテリアに!

こちらは壁のちょっとした段差を利用して収納を作っています。

ツーバイフォーの工法なら、デッドスペースになってしまう場所を有効に使うことができます。

壁に固定されるので安定感もいいですね。

ジャケットなどお気に入りの服を見せる収納にすることができました。

絵本もおしゃれに飾れる!

このツーバイフォーを使ったDIYは絵本の棚になりました。

どこにどの絵本があるのか、一目でわかりますし、かわいい絵本の表紙をインテリアの一部にすることができます。

ツーバイフォーの棚のおかげで、部屋がもっとおしゃれになりました。

おしゃれで、たくさんの絵本が置ける一石二鳥のDIYの棚です。

スノーボードも飾れる!

ウィンタースポーツは好きだけど、道具の置く場所に困る、という方におすすめなのがこちらのアイデア。

多くの人は倉庫などに入れてしまうことが多いではないでしょうか。

でも、スノーボードはデザインもおしゃれなものが多いので、インテリアの一部にすることができればいいですよね。

ツーバイフォーの棚を利用すると、スノーボードを簡単に収納できて、おしゃれに飾ることができます。

狭い脱衣スペースに、ちょっとしたタオル置き場を

特に賃貸の脱衣スペースは、狭いことが多いですよね。

床にタオルや脱いだ衣類を放置なんてこともよくあると思います。

そんな時は、洗濯機の上のデッドスペースやちょっとした隙間に、ツーバイフォーをディアウォール等で立てかけ、ちょっとしたタオル置き場があるだけで毎日使うお風呂周りをゆったり使うことが可能です。

ツーバイフォーは見せる収納づくりに最適!

ツーバイフォーの工法を使ったDIYアイデアをご紹介しました。

大きな棚を作ることもできるので、大きいものや重いものを飾ることができますし、見せる収納にすることで部屋をおしゃれにすることができます。

大きいものや重いものを飾りたい人は今すぐ棚を作っちゃいましょう!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント