DIYやるなら知っておきたい!「2×4材」の基本をマスターしよう

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


ホームセンターでも販売!2×4材ってなに?

2×4(ツーバイフォー)材は、2×4工法という、アメリカ型の建築工法で使われる木材のことを指しています。日本では昔から梁や柱で建物を支える工法がありましたが、2×4工法では、壁や床などの面を組みながら、建物を支えていきます。

2×4の名前の由来は、厚さが2インチ、幅が4インチであることから来ています。

実際は乾燥の工程上、厚さが1.5インチ、幅が3.5インチ程度で規格化されています。

 いろんな種類がある!2×○材とは?

2×4のほかに、2×6(ツーバイシックス)、2×8(ツーバイエイト)などの規格がありますが、それらをまとめて2×(ツーバイ)材と言ったりします。どれも2×4工法の中で使われる規格です。

安価

2×4のサイズは、もともとは2インチ×4インチですが、乾燥の工程上、サイズが少し小さくなり、38㎜×89㎜と定められています。サイズが一定なので大量生産しやすく、値段も安価で手に入るのです。

表面がなめらか

色味は明るくナチュラルで、表面もあらかじめ研磨されています。手に木のささくれが刺さるなどの心配がなく、サンドペーパーを用意する必要はありません。面取りといって、角もあらかじめ丸く加工されているのもうれしいですね。

加工しやすい

使用されている木の材質がやわらかいため、カットも容易です。強度も持ちつつ、軽さもあるのでDIY初心者にも向いています。

釘を打ったり、接着剤も使えますし、自分の好きな色に塗装もできるので、自由なDIYが楽しめます。

入手が容易

2×4材は建築はもちろん、さまざまな家具にも使われています。そのため、流通量が多いので、材木店やホームセンターでも簡単に見つけることができます。

樹種について

2×4材につかわれる機種は、SPF材がほとんどです。

SPFとは、Spruce(トウヒ) Pine(松) Fir(モミ)の3種類が使われているので、その頭文字をつなげて呼ばれています。

アメリカやカナダから輸入された木材が多く使われ、白っぽく明るい色味なので、カントリー家具などにも愛用されています。

 

View this post on Instagram

 

every0725さん(@every0725)がシェアした投稿

耐久性について

室内での耐久性は、ほとんど心配がないと言われています。

ただし、SPF材は水に弱いという特徴があります。そのため屋外で使うためには、防水塗料や防腐塗料を塗って仕上げると長持ちします。

サイズについて

2×材の規格には、以下のようなものがあります。

2×2(ツーバイツー)   高さ38 ×幅38  (単位:mm)

2×3(ツーバイスリー)  高さ38×幅63

2×4(ツーバイフォー)  高さ38 ×幅89

2×6(ツーバイシックス) 高さ38×幅140

2×8(ツーバイエイト)  高さ38×幅184

2×10(ツーバイテン)  高さ38×幅235

このほかに、高さが19mmの「1×(ワンバイ)材」もあり、ホームセンターの2×材コーナーで同時に置いていることが多いです。

2×4材の入手方法は?

木材店やホームセンターでは、木材をカットしてくれます。あらかじめ、何を作りたいか、デザインとメジャーで壁の幅をはかって、準備しておくと買いやすいです。

 

View this post on Instagram

 

tomoさん(@tomoripp)がシェアした投稿


<h3>手に入る場所</h3>

材木店なら間違いなく置いてありますし、東急ハンズやカインズなどのホームセンターでも置いているポピュラーな規格です。
近所にホームセンター等無い場合は、「2 4 木材」「ツーバイ」などで検索すればネット販売も多く出てきます。

 

View this post on Instagram

 

八木 裕之 Hiroyuki Yagiさん(@hiyagichan)がシェアした投稿

ホームセンターでの入手方法について

木材なので、微妙な色合いや風合いが1点1点違います。
部屋の雰囲気に合うか、ほかの家具とイメージが合うかなど、実際に手に取ってみられるホームセンターが良いでしょう。
DIY初心者さんも、店員さんに直接相談できて安心です。

資材販売コーナーに行く

ホームセンターの資材販売コーナーに行きましょう。木材は広い売り場スペースが必要な商品なので、店の奥だったり、別棟の建物だったりすることも多いです。

反りや欠けのないものを選ぶ

木材を選ぶときは、真っすぐで反りが無いもの、欠けたり汚れがないかどうか、チェックしましょう。また、「節(ふし)」という枝の跡がニュアンスを出しているものや、好みの木目を見つけるのも楽しいですね。

 

View this post on Instagram

 

和将 尾身さん(@kazumasa_mio)がシェアした投稿

カートに積んでレジへ行く

好みの木材が見つかったら、専用のカートに乗せてレジへ向かいましょう。

会計時には、木材をカットしたいかどうか伝えると、店員さんが加工コーナーへ誘導してくれたり、連絡を取ってくれたりします。

木材をカットしてもらう

木材の加工コーナーでは、カットしたいサイズを伝えると、店員さんが手際よく、真っすぐキレイにカットしてくれます。カット代が1回につき数十円程度の有料というホームセンターが多いようです。自分で加工するセルフの場合は、無料という店もあるようですが、初心者は店員さんに頼むのが無難ですね。

カットする長さについての注意点

カットをお願いするときに、例えば50㎝の木材が欲しいので、「1mの木材を半分にカットしてもらえばOK」と考えてしまう場合があります。

ですが、カットする刃の太さによって、数mmが木屑となって失われます。店員さんには、実際に何cmの木材が必要なのか、正確に伝えることが大切です。

持ち帰りには自動車が便利

木材は持ち運びしやすい長さにカットしてもらえるものの、やはり重くてかさばるので、車で運ぶのが理想ですよね。ホームセンターによっては、持ち帰り用にトラックを貸し出してくれる店も多いようです。

ただし、土日は混んでいたり、レンタル時間が2時間以内と決まっている場合も多いので、確認して借りるのが良いでしょう。

オンラインショップでも購入できる

楽天やホームセンターのオンラインショップなどでも2×4材は買うことが出来ます。一定の金額を満たせば、送料無料などのメリットも。

ただし、実店舗と違って、対面して口頭で話すわけではないので、カットしたいサイズやイメージを誤解されないよう、正確に伝えなくてはいけないですね。

 

View this post on Instagram

 

fue3123さん(@fue3123)がシェアした投稿

2×4材の防腐・防虫対策は?

2×4材であるSPF材は扱いやすく手軽な木材ですが、特に屋外で使用する場合は、防腐・防虫対策を施す必要があります。

腐りやすい要因

木材は、酸素・温度・水分・栄養という4つの条件が揃うと、腐る原因の菌や虫が活動を始めてしまうといわれ、環境によって腐食してしまう性質があります。2×4材の樹種で多いSPF材が、もともと水に弱いという性質もあります。

 

View this post on Instagram

 

KIPETAさん(@uncle_kipeta)がシェアした投稿

防虫防腐木材を使う

もともと、防虫防腐加工を施している2×4材というものがあります。

専用の薬剤をしみこませているのですが、内部まで浸透しきっているわけではないので、カットした断面には、自分で別途薬剤を塗布する必要があります。

塗装する

断面に、缶入りで売られている「防腐剤」「木材保護塗料」を塗装しましょう。防虫防腐木材も、効果が永久的ではないので、塗料を買っておけば、定期的なメンテナンスとして塗ってあげることもできます。

 

View this post on Instagram

 

H Uさん(@falcan18)がシェアした投稿

置き場所を考える

屋外で使う場合は防腐についてすぐピンとくると思いますが、室内でも湿気の多い場所は多いです。キッチン横、洗面所、お風呂場の脱衣所など、水気が多い場所で使うのであれば、保護塗料があったほうが良いでしょう。

2×4材で棚をつくる!方法は?

 

View this post on Instagram

 

mayumiさん(@mayumi.n12030907)がシェアした投稿

DIYでつくる

棚を作りたい場合は、おおまかにいうと、
① 柱を立てる
② 柱に棚を受ける金具を取り付ける
③ 棚板を取り付ける
の3ステップです。

① の柱を立てることが、一番の難関と感じるかもしれません。方法を見ていきましょう。

突っ張り棒でつくる

まずは柱が必要になりますが、賃貸住宅で、壁や天井に穴を開けられないという場合も多いでしょう。その場合は、柱の上部を突っ張り棒で支えるグッズを利用しましょう。

つっぱりアジャスターでつくる

現在人気なのが、突っ張りアジャスターを利用した柱作りです。
「ラブリコ」「ディアウォール」などのパーツブランドが人気です。

ラブリコとは

ラブリコとは、天井や床を傷つけずに、柱を立てられるパーツブランドです。

 

View this post on Instagram

 

LABRICO(ラブリコ)さん(@labrico_heianshindo)がシェアした投稿

ラブリコの使い方

2×4材の上下に、キャップをはめるようにパーツを取り付け、上部のジャッキをくるくると回してサイズを合わせてあげれば、柱を立てることができます。

 

View this post on Instagram

 

LABRICO(ラブリコ)さん(@labrico_heianshindo)がシェアした投稿

ディアウォールとは

ディアウォールとは、ラブリコと同様に、釘やネジを使わず、柱を立てることができるパーツブランドです。

 

View this post on Instagram

 

ディアウォール【公式】さん(@diawall_pr)がシェアした投稿

ディアウォールの使い方

ラブリコと同様に、2×4材の上下にパーツを取り付けますが、 ジャッキではなく、上部パーツのスプリングで突っ張らせて固定するものになります。下部パーツに、スペーサーという薄い板を入れて、長さを調整することもできます。

 

View this post on Instagram

 

ディアウォール【公式】さん(@diawall_pr)がシェアした投稿

ジョイントについて

ジョイントは、2×4材同士を簡単につなげられるパーツです。木材を買って持ち帰る時にも、長いまま持って帰れないから、短くカットしたい、、という場合も、ジョイントがあれば大丈夫。家の中で長さを変えられます。

 

View this post on Instagram

 

ディアウォール【公式】さん(@diawall_pr)がシェアした投稿

その他おすすめパーツ

ダボレール;これがあれば、棚板の位置をいつでも好きな高さに移動できるので便利です。

 

View this post on Instagram

 

dicek-montagneさん(@sotosk80s)がシェアした投稿


シンプソン金具:DIYの本場アメリカ発のスチール製の金具です。強力に固定できるだけではなく、メンズライクでカッコいい家具を作り時に便利です。

 

View this post on Instagram

 

hirodeeesuさん(@hjunglwithw)がシェアした投稿

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント