1×4材(ワンバイフォー)DIYに欠かせない「安さ/加工/入手」3拍子揃った部材とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

暮らしをより便利により快適にと考えていませんか?そんな時オシャレでありながらサイズがピッタリのものがない、自分の思い通りのものがないときにおすすめしたいのが、ワンバイ材を使ったDIYです。

ワンバイ材は、ホームセンターでも入手できる気軽さやリーズナブルな値段で人気があります。初めてDIYにトライする人からベテランの人までたいへん使いやすい木材です。ワンバイ材の種類と特徴、ホームセンターの選び方や工具の使い方、制作工程のポイントまで役立つ情報を盛りだくさんに紹介します。


ワンバイ材ってなに?

DIY向きでリーズナブルな価格、初心者にとって扱いやすい木材です。いろいろな用途に使えてたいへん便利です。

加工しやすいのでDIYの人気の木材!ワンバイ材の特徴

アメリカの規格で加工製材された木材です。木材の厚みと幅をインチで表しています。加工しやすいのでDIYの人気の木材で特にDIY初心者や女性にとって扱いやすいです。

ワンバイ材は湿気に弱く腐りやすいので室内向きです。それでも屋外で使用したいときは、耐水・防腐塗料を塗って使用したほうがよいそうです。

サイズについて

「㎝」、「㎜」という単位ではなくて「インチ」、「フィート」が長さの単位となっています。1インチは19㎜となります。1フィートは30.48.4㎝です。

1×1材(ワンバイワン)19㎜×19㎜、1×4材(ワンバイフォー)19㎜×184㎜というようにサイズが規格されています。

やわらかくて軽い!SPF材

 

View this post on Instagram

 

makomiさん(@ma_ko_mi)がシェアした投稿

S・P・Fとは【スプルース=トウヒ・パイン=松・ファー=モミの木】からとった頭文字です。原産地は北米やカナダです。やわらかくて軽いので扱いやすくDIYでは広く利用されています。白い木目で仕上がりもきれいなことまた価格も安いので手に入れやすいという特徴があります。

ホワイトウッド材

原産地は北欧の白木針葉樹を加工製材された木材のことです。やわらかくて軽いので扱いやすいので人気があります。SPFよりも白いです。

ワンバイ材のメリット

木の成長が早いので木目が浅く加工しやすい・価格も安い・カットもしやすい・面取りもされている・表面もきれいに加工されているなどDIY初心者向けというメリットがあります。

ワンバイ材のデメリット

木材の返りがあり歪む・節が多い・天然の木材なので黄色いやにが出てきてベタベタする・ささくれひび割れ・虫食い(シロアリ)・密度が浅いので水分を吸い傷みやすいなどがあります。

日本は湿度が高いので風通しのよいところでの使用がおすすめです。屋外で使用する時は防水・防腐剤入り塗料を塗り、定期的なメンテナンスで再塗装する事が欠かせません。野外で使うために、SPF ACQ材(高耐久防腐注入された)などもあります。

使用に向いているDIY

 

View this post on Instagram

 

ディアウォール【公式】さん(@diawall_pr)がシェアした投稿

棚・下駄箱・椅子・サイドテーブル・スパイスラックなどのDIYに向いています。外気にあまりさらされない場所で使用するのがよいそうです。

ラブリコと一緒に使用できる

ラブリコは床や壁を傷つけることなく安全で手軽なDIYを可能にするアイテムです。賃貸住宅などは原状回復が必要となるので、気を使いますね。そんな時にワンバイ材に使用できるラブリコがあります。

 

View this post on Instagram

 

hayashi_9874さん(@hayashi_tsuyoshi)がシェアした投稿

ワンバイ材にアジャスターをかぶせてからハンドルを回せば、簡単に取付けられます。洗面所、トイレなどの様々な場所にスペース棚を付けたりするのにたいへん便利です。

ワンバイ材の入手方法は

手に入る場所「ホームセンター・DIY専門店・材木店」

ホームセンター・DIY専門店・材木店で入手できます。もちろんネット通販でも入手できます。

ホームセンターなどは、一ヶ所でワンバイ材や、ビス、塗料その他の材料をすべてそろえることができるので便利かもしれません。

忙しくてお店にでかけられないとき、ネット通販で購入するするのも便利です。ただパソコンの画面で見ていた感じと色味が違ったりする事があります。(松ヤニや節、割れなどがあることも承知のうえでの購入)

ホームセンターの選び方

サイズの在庫があるか、もしないとき取り寄せができるか、木材カットサービスがあるか、木材を運ぶために貸し出しの軽トラがあるかなどの情報を集めましょう。

特に初めてワンバイ材を入手するときは、たくさんある中から良質なワンバイ材をどのように選んだらよいかもわからないことがあります。それで気軽に相談できるプロの店員さんがいるホームセンターがよいでしょう。

ワンバイ材が屋内で販売されているか

ワンバイ材は天然の木材ですから、乾燥して縮んだりします。また雨、湿気に弱くカビが生えたり腐りやすいという特徴があります。なので屋内で販売されている物を選びましょう。

種類や長さ、在庫数が多いか

ホームセンターの木材売り場にザイズ早見表と価格表があります。事情が許せばいくつかのホームセンターに実際に行って目で見て種類や長さ、在庫数を調査するのがいいかもしれません。

価格が安いか

ワンバイ材は価格が安いく初めてのDIYでも買うことに抵抗が少ないと思います。ただし安いだけでなく良質なワンバイ材を選ぶようにしましょう。

木材カットサービスをしているか

 

View this post on Instagram

 

長井淳さん(@nagai__bz30)がシェアした投稿

ワンバイ材は軽くてカットしやすいですが、いざ自分で切るとなるとまっすぐが難しい…と感じるものです。なれない作業で大変ですが、木材カットサービスならきれいにカットしてくれます。

電動丸ノコを持っていれば自分でも切れますが、数が多い場合はカットサービスの利用がおすすめです。木材のカットは騒音があることや、木くずも出ることもあるので賃貸住宅の場合などはサービスを利用したほうが安心ではないでしょうか?

軽トラックの無料貸し出しがあるか

ワンバイ材は軽いとはいえやはり実際持ってみると重いと感じるかもしれません。本数が多い場合や長さも考えると無料貸し出しサービスを利用したいですね。店舗により異なりますが約2時間無料などのサービスがあります。

ワンバイ材で棚を作る!方法は?

ちょっとしたスペースにオシャレで便利な棚を付けたり、キッチンアイテムをスッキリ収納できる棚、ワインラック、飾り棚、シューズラックなどのをワンバイ材を使ってDIYができます。

 

View this post on Instagram

 

KIRARIさん(@mabatakikirari)がシェアした投稿

図面を書く

棚に何を収納するのか、どこで使うかを決めてから簡単に完成図のイメージを書きます。その時に壁に固定する棚なのか床に置く棚なのか、固定式か移動できるようにキャスターを付けるのかなど使い心地の良さとデザインや寸法さらに強度についても考えながら書いてみましょう。

平面図、側面図、立体図を書いてみると必要な材料が何かも分かってきます。ワンバイ材や他の材料の購入するとき、プロの店員さんに図面を見てもらいながら棚を作るコツも教えてくれるかもしれません。

なによりも実際に作る時には、迷うことなく作業ができます。また材料の無駄も減らすのにも役立つそうです。

木材を用意する

ホームセンターなどにワンバイ材の下見に出かけましょう。木材の種類や寸法と必要な道具などがそろうでしょうか?メモをして図面通りに作れるかをもう一度確認してみるといいかもしれませんね。

図面をもとにして木材の幅や長さなどを確認してから購入しましょう。また木材の返りや節があるなど加工する時に不都合があるかもしれないので、長さは少し余裕を持たせて用意したほうがよさそうです。

研磨・面取り

木材の角を丸く削るようにして面取りします。木目にそって滑らせるように紙やすりをかけます。

なめらかな表面にするため、木材のささくれたようなところを研磨します。それにより木のトゲが指に刺さらないようにします。

最後に木くずをきれいにふきとります。塗料の仕上がりもキレイになります。

支柱に棚をつける

支柱に棚をつける方法は、ダボを使う方法と受け皿(角材を取り付ける)をつける方法があります。重い物をのせるなら、ダボより受け皿がよいそうです。

またワンバイ材用の「溝付き支柱」というたいへん便利なものもあります。それはワンバイ材棚板用(板厚19㎜が入るもの)の溝があるので簡単に取付けができます。

組み立てる

いよいよ組み立てです。正確に加工した木材をコーススレッドやボンドと釘でしっかりと固定し組み立てます。そして棚板を差し込みますが、棚板を取り外しができるタイプであれば差し込め完成ですが、固定するのであればさらにコーススレッドなどを打ち込んみます。

DIYに使う工具は?

DIYに使う工具の特徴と使い方を紹介します。

工具を安全に使うポイント、きれいな仕上がりのためにも必要な道具の使い方を参考にしてみてください。工具は先が尖っていたり切断するために使うのでケガをしなうよう、小さなお子さんなどが触らないにしましょう。

電動ドライバー

 コーススレッドなどのビスを打ち込むときに使うパワーがたいへん強い工具です。DIYや家具の組み立てなどの時に効率よく作業がはかどります。

小型の電動ドライバーなら棚の組み立てでネジを締めたいときに、たいへん便利です。軽いので扱いやすいことから、初めのDIYや女性におすすめです。

電動ドライバーには他にもドリルドライバーやインパクトドライバーがあります。

ノコギリ

木材をカットするための工具です。手動で行うノコギリと電動工具の丸ノコがあります。

細かい刃のタイプは細い木材をカットするのに使います。刃が荒いタイプは太い木材のカットに使います。手動のノコギリに2種類のタイプの刃がついているものがあると便利です。

キリ

ビスを打ち込むときに電動ドライバーを使うと効率がよく確実に固定できますが、直接に打ち込むと木割れする恐れがあります。ワンバイ材に限らず木材の端の付近では特に木割れしやすくなります。

またワンバイ材はやわらかいですが、節が多いので、表面に見えなくて油断できません。節に当たるとビスが折れてしまいます。木材を無駄にしないためにもキリで下穴を開けておいたほうがよいでしょう。

キリで下穴を開けるときはビスの径より細い穴にしましょう。

メジャー

木材を正確に測ってから加工するために必要な道具です。

メジャーは見やすいもの、ミリ表記があること、ストッパーが付いていると便利です。寸法を測りながら印を手際よくつけるのに便利なメジャーを見つけましょう。

やすり

 

View this post on Instagram

 

ネコトヤギさん(@asobonekotoyagi)がシェアした投稿

ワンバイ材をカットした面や表面にの研磨に紙やすりを使います。

紙やすりには、♯番号があります。ザラザラした荒いものほど♯番号が小さく、細かいほど♯番号が大きくなります。

( 例 )♯100 ⇒ ♯200 ⇒ ♯400 という感じです。

紙やすりは再利用するというより消耗品です。粗目サイズが何種類か一緒にセットされた便利なものが販売されていますので、ワンバイ材の研磨と仕上げに利用しましょう。

ワンバイ材を使ったDIY事例

 

この投稿をInstagramで見る

 

セリアにシェラカップあったー! ダイソーの湯煎カップよりひと回り小さいくらいでバッチリ。折りたたみテーブルも購入。カルディでキャンプ用の岩塩と胡椒も購入。2台目メスティンのシーズニングも完了。 #セリアシェラカップ #シェラカップ #セリア折りたたみテーブル #折りたたみテーブル #ヒマラヤ岩塩 #ピンク岩塩 #黒胡椒 #メスティン #ダイソースキレット #スキレット #セリアスキレットカバー #無印良品 #無印コンテナ #無印コンテナテーブル #セリアdiy #セリアすのこ #ワンバイフォー #キャンプ #ソロキャンプ #キャンパー #kaldi #カルディ #chums #アルペンアウトドアーズ #gooutcamp

まっちー🍺🇯🇵さん(@machio1120)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

発売中のドゥーパ!6月号に掲載している @naopion さんの庭の壁面収納です(ありがとうございました!)。 建物の壁のくぼみにぴったりはまるように木の壁をつくり、アイアンの棚受けやフックを多用していて、とても見た目◎です! 詳しいレポートは6月号の特集「2×材 DIY、最前線!」をご覧ください。 他にもさまざまな実例、2×材でつくる家具や収納の製作ガイドなど、盛りだくさんの特集になっています! (撮影:福島章公) #diy #ドゥーパ #dopa #収納 #壁面収納 #ガーデン #ラブリコ #naopion #ツーバイフォー #ワンバイフォー #ツーバイ材 #ワンバイ材 #雑誌 #特集 #収納diy #アイアン #棚 #庭 #6月号 #日曜大工 #手作り #作り方 #実例 #アンティーク #収納アイデア

ドゥーパ!編集部さん(@dopa_diy)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

・久々にイジッてみました!その1 ・ キッチン脇の目隠しがわりにしているミニチュアディスプレイ用棚につけたセリアのオルテガ柄ボード… ・ 一応ドアみたいにキッチン側に開くのですが 今まで一度も活用したことがありません(^-^; ・ そんな謎ボードのオルテガ柄がガチャガチャうるさく感じたので セリアのリメイクシートとウォールステッカーでイメチェンしてみましたが… ・ あ……。∑( ̄Д ̄;) ・ ウォールステッカーを貼る勢いが止まらずまた違ったガチャガチャ感を醸し出してしまったようです…( ・᷄ὢ・᷅) ・ しかもオルテガ柄透けてるし…(;´д`) ・ しゃもじの時みたいに気になって仕方がなくなったらまた考えます…( ・᷄ὢ・᷅) ・ #セリア #リメイクシート #ウォールステッカー #diy #ラブリコ #ワンバイフォー #平安伸銅工業 #カインズホーム #自作の棚 #シェルフ #ミニチュア #インテリア雑貨 #ディスプレイ #ディスプレイ棚 #キッチン目隠し #雑貨好き #limia

みなこさん(@sannako0616)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

女性や家族が楽しめる安全で手軽なDIY商品「LABRICO(ラブリコ)」 . キッチンカウンターの間仕切りに。 柱には、ラブリコ2×4アジャスター(DXO-1)を、棚はそれぞれ、1×4棚受(DXO-22)と1×6棚受(DXO-32)をご使用いただいています。カフェのようでお洒落ですね。 (@amico_no_hana 様 ご使用例) . . #ラブリコ #labrico #LABRICO #ナチュラルカントリー #ナチュラルインテリア#カフェ風インテリア #カフェ風キッチン #北欧 #セルフリノベーション #diy #interia #収納 #原状回復 #インテリア #ワンバイフォー #ラブリベ #棚diy #平安伸銅工業

LABRICO(ラブリコ)さん(@labrico_heianshindo)がシェアした投稿 –

ワンバイ材のまとめ

DIYでとても人気があるワンバイ材の特徴や選び方、使い方のコツを紹介しました。ワンバイ材を使って簡単オシャレな手作りを楽しまれるのはいかがでしょうか!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント