資材は郵送→自分で組み立て。150万円の手作りハウスが北欧で流行る一つの理由

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


たった2日でできる家

スウェーデンの建築家・デザイナーの Jonas Wagell氏は、たったの2日で建てることができるモダンプレハブミニハウスを創り、実際に住んでいます。

北欧では5年ほど前からモジュール式プレハブ住宅が人気だそうです。

資材は郵送で届き、自分で組み立てる。

いわば”IKEA式”とでも言ったほうが伝わりやすいでしょうか。

3Dプリンターの普及で郵送すらも今後なくなっていくのでしょうか。

Mini Houseと名付けられたこの家もモジュール式の小さな別荘です。

minihouse 2

minihouse 3Pic:minihouse

自然の中で自由に過ごしていい制度「自然亭受権」

北欧でこのタイプの住宅が流行った理由のひとつは自然享受権

これは自然の中で自由に過ごして構わないという権利。

空き地でテントをはったり、森でキノコを採ったりなんてことで咎められることはなく、一時的な建築物を設置することも自由(ただし15㎡以内)。

日本ではちょっと考えられないシステムですね。

それをうまく利用したプレハブ住宅は、北欧の市場にうまくはまったのでしょう。

Mini Houseの基本セットは、壁と主要構造、窓、屋根、断熱材など。面積は15平方メートルでデッキ付き、12,200 EUR(約150万円)。

家と同じサイズのテラスと、不必要なデコレーションを一切施さない仕上げが特徴で、フレームや余計な飾りがない窓は、影を作る役目も果たす、シンプルな木製の柵も効果的に使用されています。

minihouse1Pic:minihouse

オプションとしてキッチン&バスルーム

暖炉やサウナも設置可能。

自分が本当に必要なものだけをチョイスできるから、限られた面積でシンプルな生活が楽しめそうです。

mini-house-jonas-wagell-6 mini-house-jonas-wagell-7 mini-house-jonas-wagell-8 mini-house-jonas-wagell-LEAD mini-house-jonas-wagell-lead2Pic:minihouse

世界で最もホットなデザイナーの一人でもある、Wagell氏は、小さな住まいに広く住んでいます。そして、彼のセンスがギュッと詰まったおしゃれなタイニーハウスです。

今、世界的にも増えつつあるタイニーハウスですが、この Jonas Wagell氏によってデザインされたタイニーハウスは、また新たなタイニーハウスのイメージを変えるデザインではないでしょうか?

Via:http://jwda.se/mini-house/


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント