多肉植物用の棚を予算1,000円で作る100均すのこ棚DIY5選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

手入れが面倒でないうえに、形や大きさも様々なところが楽しい多肉植物は、その魅力にはまってしまうと、知らないうちにどんどん増えてしまって、ついには収納場所に困るというパターンに陥る人も多いです。

できればきれいに並べたいけれど、適した棚がなかなか見つからないという人や場所はあるのだけれど、並べる棚がないという人にすすめなのが、安価な材料が揃う強い味方、100円均一ショップのダイソーで材料を揃えることです。

なかでも、初心者でも簡単にDIYできる鉄板材料としてのおすすめがすのこで、すのこを使うことでとても素敵な多肉植物たちのための棚を作り上げた、参考にしたいDIYの例を5つ厳選して、ご紹介します。


すのこをひな壇状に組み合わせた棚

https://www.instagram.com/p/BXWPoCyn31A/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%93

100均で売られているすのこ5枚を使って作ったという、こちらの多肉植物用の棚は、とてもすのことは思えない味のある風合いの出来栄えになっているところがすごいです。

それもそのはず、ただすのこを接着させて棚を作っただけでなく、ちゃんと色も塗って、多肉植物の雰囲気に合った色合いに仕上げているんですね。

さらに、多肉植物の鉢を並べるだけでなく、すのこで作った棚に木箱を置いて、その中に鉢を並べるなどして、並べ方に工夫が施されているところも参考にできます。

これはぜひとも真似したい作品です。

すのこ×すのこで簡単に作れる小さな棚

https://www.instagram.com/p/BT3UuPyjPTA/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%93

知らない間にどんどん増えていってしまう多肉植物を、ダイソーのすのこを上手に使って、とてもきれいな多肉植物用の棚を作って並べていますね。

ダイソーすのこでチビ棚を作られたということですが、チビ棚でもかなりの量が置けそうです。

一番下の段にはすのこを使っていないので、ちょっともったいない気がしますが、大きめの鉢の多肉植物を置くのには、むしろすのこを取り付けない方が良いかもしれません。

大きめの鉢専用に作られたのかもしれず、大きい多肉植物の鉢を置こうと考えている人にはとてもいいお手本になりそうです。

チビ棚といえど場所があれば棚を増やしていけるため、どんどん多肉植物の鉢が増えても大丈夫。

この写真を見る限りではまだまだ置けそうで、すのこを使った多肉植物の棚作りがますます上手になれそうですね。

箱×すのこの組み合わせ

https://www.instagram.com/p/BLXzYpkhN0v/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%93

こぢんまりとした多肉植物のための棚ですが、すのこを上手に組み合わせて、見た目もとてもおしゃれに仕上がっているので、こだわりの多肉植物だけを揃えたいという人向けの、ダイソーすのこを使って作ったお手本ともいえる棚になっています。

一番上にはボックス型にすのこが組み合わされているので、多肉植物の鉢を置いたときにしっかりとした安定感が生まれるのがいいですね。

こぢんまりとした印象を受けるものの、実際に多肉植物の鉢は意外と大きめのものが並べられていることから、収納力はばっちりです。

これが小さな多肉植物の鉢なら、もっとたくさん並ぶでしょうから、すのこならではのひっかけられるという利点を生かして、ワイヤーラックなどをさらに足せば、小さい多肉植物の鉢をどんどん増やしていく収納もできそうです。

何といっても見た目がおしゃれなのが素敵です。

多肉植物の鉢も可愛いです。

すのこを使っただけのシンプルな棚

ダイソーのすのこを使って、棚を作りますよというのが分かる、まさにすのこDIYの王道といっていいような作品の写真です。

とてもしっかり組み立てられているのが写真からもよく分かるので、たくさん多肉植物の鉢を載せても大丈夫そうですし、一番上の段は下の段のように頭がつっかえないので、大きめの多肉植物や、長い多肉植物の鉢を置けるので、いろいろな形の多肉植物を楽しむことができますね。

あえて色を塗ったりデザインを施したりしないで、あくまでもシンプルにすのこを組み立てて作った多肉植物のための棚に仕上がっているため、これからすのこを使って初めて多肉植物用の棚を作るという人には、とても参考になる写真です。

すのこを連結した棚

https://www.instagram.com/p/3DQmOtAI5G/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%93

賃貸暮らしで庭がなく、おしゃれにできないからただ並べただけの多肉植物用の棚だそうですが、たくさん並んだ多肉植物の鉢を見るに、収納力たっぷりの棚を上手くすのこで作られている作品だなと感心しました。

写真ではちょっと見づらいものの、一番下の段にもちゃんとすのこの棚が作られているようで、そこに木箱に入れた鉢を載せて収納してあるのがとてもおしゃれに見えます。

その隣の棚の一番下はお皿を使って小さめの鉢をまとめてあるので、センスも抜群にいいですね。

すのこを使いこなす多肉用植物の棚DIYまとめ

多肉用植物を置くための棚を、ダイソーのすのこを使って作った素敵な作品を集めてみました。

すのこの棚を作ることができれば、目的に合わせていろいろな棚が作れて、もっとDIYが楽しくなることでしょう。

初心者がまずマスターしたいDIY方法といえます。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント