部屋がぐっとおしゃれになる!DIYドライフラワーのつくりかた


ドライフラワーは生花とは違うアンティーク感のような雰囲気を感じさせ、このさりげなさがおしゃれなインテリア空間を作ります。

そんなドライフラワーをDIYしてみませんか?

今回は自然乾燥で作るDIYドライフラワーと、さらにドライフラワーをDIYして、お部屋をおしゃれにしてくれるアレンジ法を紹介します。

via:Pinterest

 

自然乾燥で作るドライフラワー

自然乾燥で1週間~2週間で完成します。(空気の乾燥度と乾燥させる状況により完成期間は違います)

用意するものはこれだけ!

<用意するもの>

・お花(輪ゴムを縛れる分以上の茎を残した物)

・輪ゴム

・フックや押ピン(物を吊るす事の出来る場所を作る為に必要)

・洗濯ばさみ

<作り方>

お花の茎に輪ゴムを巻きます

なぜ輪ゴムを使うかというとお花が乾燥して来ると茎が痩せるので伸縮性のある素材の方が抜け落ちてしまう危険性が少ないからです。

このとき大きなお花や太い茎のお花は1本づつ離して巻きます。(重なりが無い方が早く乾燥します)

また小花や茎の細いお花は2、3本程度でまとめて輪ゴムで縛ります。

日陰の風通しの良い場所に茎を上向きにフック・押ピン等にひっかけたり渡したひもや枝に吊るします。

たったこれだけ!1週間~2週間で完成します。わくわく。

<お花の吊るし方の工夫>

たくさん吊るす時には2ケ所のフックに小枝や紐を渡して、お花はそこへ輪ゴムに紐を引掛けて吊るす方法もよいですね。

またハンガーを吊るしてそこへお花を吊るす方法もあります。

おしゃれに飾れるドライフラワーにしたいお花

草や花は、ほぼ全てドライフラワーにする事ができるのでご自分のお庭やお散歩で見つけた花などもチャレンジしてみましょう。

ドライフラワーにすると色彩がぬけて落ち着いた色合になりますまた白系の花が茶褐色になった感じもナチュラル系のインテリアには人気のようです。

・バラ

バラをキレイに仕上げるためには新鮮な先始めの状態(2分から3分咲)で、葉の重なりが多い場合は間引いて、できるだけ短期間で乾燥させることです。

赤やピンクの濃い色彩のものはドライフラワーなりの色合に変化しますが白いバラは茶褐色になります。

・アジサイやアナベル

アジサイは水分が多くドライフラワー向きではないのですが、枯れかけたアジサイを選んで枝から切り葉っぱを落として後は吊るしておくだけです。

・カスミソウやユーカリ

元々水分の少ないお花なので吊るしておくだけで失敗することなく出来ます。

ドライフラワーのアレンジ

雑貨屋さんで販売されている感じをDIYで作ってみましょう。

ポンポンボールハンギング

  1. アジサイやアナベルをボール形に整える、または2~3束を糸で結びカットしてボール状にする。
  2. ボール状にしたドライフラワーを糸で吊るします
  3. その他の花でもアクリル綿をボール状にしてそこへボンドを付けて刺してアクリル綿が見えなくなるまで付けます

ドライフラワーリース

via:Pinterest

ツタ系のドライフラワーでリースの土台を作ります

  1. お好みのドライフラワーを余分な茎を切り取り木工用ボンドで張り付けたり、細い針金で縛り付けます。

ドライフラワーのミニファブリックパネル

フレーム内サイズの厚紙に背景になる紙か布を貼りその上にドライフラワーをデザインして木工用ボンドで貼り付けます

via:Pinterest

ドライフラワーの花束

素敵なリボンで束ねて吊るしたり、そのまま花瓶にさしてもいいですね花瓶といっても水は不要なのでブリキ缶や英字新聞を円筒にしたものやかごやバスケットでもOKです。

via:Pinterest

0