「お庭の作業小屋」 庭に庭仕事の作業小屋を作って見ました。植物用なので、壁は通気性良くすかすかです(*´-`)強い雨だとちょっと濡れます。中身のインテリアはまた、お楽しみということで。 #壁 #小屋 #庭 #作業小屋 #カントリーブルー #アンティーク窓枠

for use in my garden

「お庭の作業小屋」 庭に庭仕事の作業小屋を作って見ました。植物用なので、壁は通気性良くすかすかです(*´-`)強い雨だとちょっと濡れます。中身のインテリアはまた、お楽しみということで。 #壁 #小屋 #庭 #作業小屋 #カントリーブルー #アンティーク窓枠

#DIY

材料数量
ガラス小窓 1
アンティーク小窓 1
ステンドグラス 1
ポリカ波板 4枚
ネジ 適量
防腐剤塗料 1缶
横板 5
ブロックフェンス 5
柱材 5
壁板 20

詳しいレシピ

1 庭に穴を掘って、ブロック基礎をセメントで埋め込みます。水平とって、高さと位置合わせは適当。多肉と一緒に写っていますが、悪しからず。
2 中にすっぽりと入るように、柱材をのみで削り、この後防腐塗装をしっかり施します。ブロック基礎にセメントで埋め込みます。
3 初心者なので、塗装もそんなに綺麗じゃないですが。。柱に横板張って板壁を貼り付ける枠を作ります。
4 横板枠に板壁を打ち付けて、庭を囲う基本的な板壁を作ります。場所は違うけど、構造とデザインはこの写真と同じ。
5 板壁に平行に一枚、壁を作る形で柱を立てて、同様に枠を整えていきます。ポリカの波板で板壁から平行に出た板壁までの屋根を張ります。
6 窓材の小物はこの様に枠を作り、はめ込んで内側から固定していきます。
7 内側から見た屋根の様子。基本的な波板仕様の屋根です。夏の強すぎる直射日光からの植物の日よけなので、色は明るい白で。
8 アンティーク窓枠とガラス小窓は雑貨屋さんから調達。枠にはめていきます。残りの部分を壁板で埋めていきます。植物に合うよう、色はカントリーブルーの防腐剤入り塗料。
9 人目の入る道路に面した側にも一応壁らしきものを半分だけ。扉は無し。見せたくないものはディスプレイ的に隠す方向でDIY対応予定。小屋完成。
10
4
Tags: